皆さん?ニッソーが激安!

個人的には大満足です!今、使ってるタイプとは違い楽で良いです★あまりの可愛さにUFOキャッチャーでミドリフグをゲットしたのはいいものの!全くの初心者でとりあえず必要なものを片っ端から揃えた中のひとつです。初めての海水ですが!操作は簡単です。比重値が書いてあるのは赤いラインのみです。

イマが買い時!

2017年03月17日 ランキング上位商品↑

ニッソーニッソー AQ−29 海水用比重計 関東当日便

詳しくはこちら b y 楽 天

エアチューブなどで円を作り!その中に浮かせておけば何もせずにちらっと見るだけでチェックできます。使用目的がはっきりしていればいい商品です。日々の比重確認にもってこいの器具です。浮かべるだけでおおよその海水濃度がわかります。シンプルでいい!!結構丈夫だし!使いやすかったです比重計がどんなものかも分からずに購入。その中で!ボーメ計は精度の粗さはあるものの!耐久性(経年劣化しにくい)と判断し!ボーメ計を選択しました。。影響はなかったのですが!この長さ以上の深さのものに水を入れないと計れない仕組みなので(棒を立てて水に浮かすので)ショック!あまり水量はいらないため!500mlのペットボトルを流用し計りました。ただ、細かく調整するのには向いていないので、海水濃度にうるさいものを飼育する場合は、水を入れるタイプのハイドロメータも持っていたほうが良いでしょう。汽水等でこれ以外の数値を自分で決めている方には少し扱いずらいかも?わかりやすいのが一番です!強いて言えば長さがあるので小型水槽だと使えないかもしれません。たまに近場の熱帯魚ショップに行って値比べしますが!(当然ですが)価格競争力は抜きんでています。本体には一切数字が書いてありません。泡がついてもすぐに落とせるのでそこは楽だと思います。とても簡単で使いやすいですもともと天然海水を使用している為気になった時に入れてみてます熱帯魚ビギナーです。早く、正確、安いです。(比重1.0212〜1.0256まで)。適正数値の範囲だけ目盛りが赤くなってるだけです。最低ギリギリでも17cmぐらいは水深がないと浮かんでくれないので!そこは注意ですね。単純ですが簡単で便利です。ただ、割れやすいのが気になります。厳密な比重管理が必要な場合には不向きです。僕はビギナーなので、安価な簡易測定機を選択しました。とりあえず使用してみます。目盛りが沢山ありますが、全ての目盛りに比重値が書いてある訳ではありません。気軽に使えるのが良いので、面倒くさがりにはオススメです。やっぱり安いのがいいですね。私は!このボーメ度計でこまめに濃度を測り!調整を行うときはハイドロメータを使用しています。汽水魚ターゲットで、ボーメ計をcharmで購入しました。だから私は自分ちの水の比重の正確な値を把握しておりません(笑)皆さん書いておられるように、水が浅いと測れません。水槽でプカプカ浮いているだけで役目を果たしています。30cmの水槽でぎりぎり使えました!比重変化に強い海水魚なら!これで十分だと思います。オーソドックスな比重計ですが役に立ちます。言わずもがな、様々な熱帯魚ブログで紹介されているように、申し分ないです。海水濃度測定機は、高額な専用測定機 or 安価な簡易測定機の選択となります。購入先は!charmです。